奥野恵太朗

  • 理学部生物科学科生物専修

教授ガチャでSSRを当てたことによりギリギリ生生に滑り込めた。教職しんどいしなんか落単して留年しそう。学校には寝に行ってるし部活には騒ぎに行っている。眼鏡フェチが加速度的に深刻化してきて普通に困ってます。眼鏡最高。


進藤万実

  • 理学部生物科学科高分子
  • ノートも吹っ飛ぶ瀬戸内の風吹く兵庫からやってきた、アーチェリー部の良心。うちの代には珍しくちゃんと毎回帰省の時に忘れずお土産を買ってきてくれる。この前はバリバリの学期中にお菓子を渡してきたのでずいぶん急な帰省だと思ったら手作りだった。女子力高いな。

田村悠介

  • 法学部

ドンキで購入した謎のポテチパーカーしか持っていない。

「俺は友達をあんまり大切にしない性格なんだよね~(笑)」


沼田恵実

  • 小樽商科大学商学部
  • 洋弓部を煌々と照らす明るい存在であるが、浮気だけは絶対に許さないという強い芯を持つ。また、部活まで1時間ほどかけてくる苦労人でもある。見た目に依らずスマブラではガノンドロフを使って勝ちまくっている。

熊本伊吹

  • 水産学部
  • 常に留年リーチの男。留年退学エンドを避けるために何度も2022年をやり直しており、そのタイムリープを悪用して競馬で日銭を稼いでいる。そうでもしなければ競馬で収支プラスになるなんてことはありえないのである。と思ったが最近マイナスになったのでやはりただの馬カスであった。
  • 「バケモン」という独自の強調表現を使う。使用例:「スズカの胸はバケモン小さいがバケモン興奮する」

笠井麟太郎

  • 理学部物理学科
  • 身体の半分はアルコール、もう半分は唐辛子で構成されている。北大で起きたボヤ騒ぎは全て酔っぱらった彼がスピリタスに火をつけたせいだという噂もある。

室伏真幸

 

  • 工学部環境社会工学科建築都市コース

意外と少数派な北海道産の部員。
ふんわりした感じだが、中高一貫の男子校の寮をサバイバルしてきた過去がある。
日々学科の洗礼を受けている模様。がんばれ。